blog オフィシャルブログ|大日本パックェージ株式会社

Blogオフィシャルブログ

メイド・イン・ジャパンのライスインキで付加価値を!

2021.6

グラビア インキ で 環境 製品展開

ライスインキは、グラビア印刷業界で初めてとなる米ぬか由来の樹脂を使用している環境配慮型のインキです。このインキの原料に使用するポリアミド樹脂は、米ぬか油の生産時に非食用の副産物として出来る原料から作られていて、未利用バイオマス活用として資源循環型サイクルの促進につながっています。
 今まで食用として使えないと、廃棄されてきた物を、日本人の「もったいない」の精神に基づいて開発されたタイプのインキであり、 CO 2 を削減すると同時に、国内資源の有効活用も行っています。このインキの物性試験を行い、原紙との適性を考え、お客様の品質要求に適合できる商品には、使用頻度を引き上げて行きたいと考えています。
ライスインキは、元々オフセット印刷が先行し、その後フィルム用表刷りグラビアライス インキとして開発されております。弊社工場ではフィルム への グラビア 印刷 ・紙 グラビア印刷が可能であり、 国内 で初めて 紙 への グラビア 印刷 で ライス インキ の 本生産 を開始しました。環境マークとしてはバイオマスマークを入れる事が可能で、その他にライスインキ・コンソー シア ムが作成しているライスインキマークを入れられます。また、弊社で加工した製品には日本印刷産業連合会が行っています環境に配 慮した工場に与えられるグリーンプリンティングマーク(GPマーク)を包材に入れる事が可能です。お客様のニーズに合わせ製品要求を考慮の上、環境に配慮できる製品を提供して行きたいと考えています。

【ライス インキ 特徴】


CO2の 削減 100 国産 の 米 ぬか を 使用 している ので 、 「 輸送 マイレージ 」 が 削減 でき 、 国内 需要を 高め 、 地産 地消 が 適います 。食料確保 廃棄物 で ある 米 ぬか を 使用 する事 で 米 本来 の 食料 として 確保 できる 。


【物性 試験】

紙 グラビア 印刷紙に 対して 「 A 通常 表 インキ 」 と 「 B ライス インキ 」 との比較 で 物性 試験 を 行い 耐摩擦性 同等物性 を 確認 しております 。 一例

印刷:粘度 ザーン カップ 3 約 14 秒
印刷 :グラビア 校正 機 175 線
条件 :かなきん 3 号 摩擦 学振 式 ラボテスター 200 g ✕ 100 回 往復
※別途 、 用途 ・ 材料 等 により 物性 試験 での 確認 が 必要 となります 。
※国内 、 国外 の 材料 調達 は インキ メーカー により 違い が あります ので ご確認 下さい 。
※要求品質 により インキ 選定 が 必要 となり 。

ブログ一覧へ戻る