Contactお問い合わせ

お問い合わせ先

よくあるお問い合わせ

本社工場へのお問い合わせ

本社工場

所在地
〒343-0002
埼玉県越谷市
平方1004番11

アクセスマップ

TEL
048-973-0301
FAX
048-973-0300
MAIL
info@daipake.co.jp

埼玉工場へのお問い合わせ

埼玉工場

所在地
〒343-0106
埼玉県北葛飾郡
松伏町大川戸2399番

アクセスマップ

TEL
048-992-0600
FAX
048-992-0716

※送迎を希望される方は各営業にお知らせ下さい。

よくあるお問い合わせ

お客様からよくあるお問い合わせ

すべての質問を開くすべての質問を閉じる

環境

環境対策についての取り組みを教えてください。 環境

閉じる 開く

当社は、環境優良工場(本社工場:経済産業省商務情報政策局長賞、埼玉工場:日本印刷産業連合会会長賞)を受賞しています。またグリーンプリンティング認定取得、VOC処理装置の導入、省エネ空調全熱交換システムを導入し、環境に配慮に心掛けています。

環境リンクへの取り組みはこちら。

インキメーカー開発のライスインキ、水性インキ、ハイソリットインキでの生産も行っており、梱包材料にはバイオマスの使用されたポリエチレンクラフト紙を採用しております。

ライスインキについて

防虫・防塵

防虫防塵対策はどうしていますか? 防虫・防塵

閉じる 開く

社内に防虫委員会(責任者)を設け、定期的な衛生管理教育実施し、作業場内への吸気はフィルター使用し、陽圧維持。
エアーシャワー設置
防虫メーカーに管理委託し、年間の防虫管理スケジュールに基づき、調査、解析し、対策に取り組んでいます。

従業員教育

従業員全員に対する各種の教育プログラムが用意されていますか? 従業員教育

閉じる 開く

教育訓練計画作成(ISO 要求事項による)必要に応じ、社内外の研修を行っております。

日常業務の協力度

納期の対応をどのように考えますか 日常業務の協力度

閉じる 開く

各機械のオペレーターのローテーションを行い、多能工化の教育を推進をしており、効率を考えた印刷スケジュールを組んでおります。またグループ会社との連携で対応致します。

帳票類管理

帳票類の管理方法が文書化されていますか? 帳票類管理

閉じる 開く

QC工程表での管理の元、決められた製造記録(帳票類等)を作成。作業終了後に管理者に提出しております。

印刷確認

色を見る光源管理はされてますか? 印刷確認

閉じる 開く

立会い室、印刷現場色見台は色を判断するのに適した標準光源(D50)を使用しています。

色へのこだわりはこちら。

印刷不良の発見、不良を出さないようにどのように対策を行っていますか? 印刷確認

閉じる 開く

すべての印刷機にインライン検査機を導入し、1本毎に印刷現場と目視検査で印刷サンプルを確認しております。オペレーター、品質管理の社内外教育訓練を実施しております。

セキュリティ管理

印刷物の廃棄処理等の管理はどうされてますか セキュリティ管理

閉じる 開く

廃棄処理業者との契約にマニフェストの交付、回収し、廃プラのマテリアルリサイクル化を推進していおります。

衛生管理

外部の管理認定は受けていますか 衛生管理

閉じる 開く

軟包装衛生協議会認定工場 グリーンプリンティング認定工場 ISO9001認証取得しております。
5Sの意識付けはどうしていますか? 衛生管理

閉じる 開く

安全衛生委員会より5Sチェック結果公表、各部署責任者への改善依頼しております。
設備メンテナンスは実施していますか?また記録はありますか? 衛生管理

閉じる 開く

メンテナンスチェックリストに基づき実施し、記録を保管しております。
印刷に使用される版は1本毎に生産数量の把握をし、メンテナンスを行っております。

危機管理

トレーサビリティの管理は出来ていますか。 危機管理

閉じる 開く

印刷1本毎のキープサンプル保管。インライン検査機履歴を約1年間保管しております。
災害を含め工場の安全管理を教えてください。 危機管理

閉じる 開く

防爆設備によるインキ倉庫での在庫管理徹底、静電気対策として帯電圧測定を実施、防火管理者、危険物保安監督者を選任し、自衛消防隊の訓練等を実施しております。またBCPの観点からグループ会社との生産設備の連携を強化しております。

印刷に関するお問い合せ

すべての質問を開くすべての質問を閉じる

印刷幅

印刷の加工幅を教えて下さい。 印刷幅

閉じる 開く

印刷出来る印刷原紙の幅はフィルム印刷機で500幅~1,250幅、グループ会社では1,300幅まで可能。
紙の印刷機で500幅~1,350幅になります。

印刷色数

印刷出来る色数を教えて下さい。 印刷色数

閉じる 開く

フィルム印刷は10色まで。グループ会社を使えば12色印刷が可能です。
紙印刷は7色までとなります。

両面印刷

同時に両面印刷は可能ですか。 両面印刷

閉じる 開く

フィルム印刷、紙印刷とも両面印刷が可能です。

印刷できる原紙

印刷出来る基材の種類を教えて下さい。 印刷できる原紙

閉じる 開く

フィルムの場合、OPP、PET、ONYが一般的でありますが、特殊なフィルムも印刷を加工しております。
紙はメーカーによっても違いますが、基本的に平滑性があり、グラビアインキ転移が可能であれば、加工出来ます。(上質、純白、晒、コート紙、感熱紙、スパンボンド、レーヨン紙、不織布・・・等)

厚み

印刷出来る厚みはどれくらいですか 厚み

閉じる 開く

種類によって違いがありますがPETフィルムなら9μ~50μぐらい。紙印刷なら約30g/㎡~約200g/㎡までになります。原紙の種類によって違いますので相談して下さい。

印刷について

カラー印刷は可能ですか。 印刷について

閉じる 開く

グラビア印刷は濃度再現領域があり、写真などのカラー印刷は得意としております。白ベタを入れると、より再現領域が増え、印刷の安定性に繋がります。
また見当がずれると目立つアニメーションや、掛け合わせのデザインは、ニゲ処理や、グレーバランスの再現修正など、印刷不良にならない調整をする必要がありますのでご相談下さい。
金、銀、パール印刷は可能ですか。 印刷について

閉じる 開く

グラビア印刷は金、銀、パールの印刷は得意としていますが、印刷方式の違い、アルミペーストの量などによって発色が異なりますので、色見本の提示をお願いしています。
印刷での校正は出せますか。 印刷について

閉じる 開く

基材がフィルムでカラーの場合、カラーマッチングをしているDDCPを出すことが可能です。基材によってはインキ転移が変わりますので、あくまでも参考程度でお考え下さい。
特色の確認は簡易校正機で対応致します。また、マルチ校正機という本番と同じ版で校正する機械もございます。

詳しくははこちら。

開発品

開発製品とはどのような取り組みをしていますか? 開発品

閉じる 開く

導電性高分子(導電性ポリマー)の塗布をしており、基材は、PET・塩ビシートが中心ですが帯電防止から透明導電性フィルムの開発をしております。ご希望の抵抗値をご相談下さい。
また耐水、耐油、防滑剤、防錆剤などの塗工に加え、グループ会社では特殊製袋、レーザー加工、部分ラミネート等の相談もお受けしております。

印刷ピッチ

印刷加工出来る最大ピッチ(版円周)はどれぐらいですか。 印刷ピッチ

閉じる 開く

原紙、印刷柄によって変わりますが860mmピッチまでは可能です。それ以上の場合はご相談下さい。

医薬品コード

医薬で使用されるGS1-Databar(RSSコード)の印刷は出来ますか。 医薬品コード

閉じる 開く

GS-1(RSSコード)は当社のノウハウの元、最善の製版を行い、数値の管理を行って印刷加工をしております。

製品

印刷、ラミネート、製品まで受けられますか。 製品

閉じる 開く

ラミネートのドライラミ、ノンソルラミネートがあるグループ会社と各コンバーターの協力関係会社様との連携で対応させて頂きます。